東京都杉並区下井草2-40-13 海野ビル2F

西武新宿線「下井草駅」南口出口前 徒歩1分

03-3399-2100

入れ歯denture

総入れ歯、部分入れ歯を作り始める前に

診査・診断を大切にします

いきなり作り始めません。お時間を頂きたいと考えています。

どこをゴールにするか、を伺わせてください

現在、お使いの入れ歯で「もう少しこうなったらいいな」というご希望がございましたら、是非、伺わせてください。
話にくいこと、違和感があること、など。

リハビリが必要です

入れ歯は義歯(ぎし)といいます。義足(ぎそく)や義手(ぎしゅ)と同じです。
違和感すらなく、何でもかめる、見た目もキレイな入れ歯は、現実的には難しいのかもしれません。「入れ歯には限界があること」をご理解いただき、「使いこなすという気持ち」が必要だと思います。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントに装着した固定装置を入れ歯に差し込むような構造になっています。
それにより、患者さんご自身で取り外しができるため、自宅で気軽に入れ歯やインプラントのお手入れをすることが可能になります。 そのため、自身で取り外しができて、ご自宅でお手入れを簡単にすることができます。歯磨きの際、インプラントの周囲や入れ歯に付着した汚れをきれいに落とすことで清潔さが保たれます。

詳しくはこちら

複製義歯(コピーデンチャー)

当院で新しく導入したシステムとして、コピー入れ歯がございます。
高齢者になると「慣れた義歯が最適な義歯」と思います。医学的にみて最良ではないことも多いですし、問題の入れ歯でも上手に使いこなしている事実に日々接していると、本当にそう思います。
「どんな御馳走よりも、我が家の手料理!」という心境に似ているのかもしれません。

そこで、現在使用されている入れ歯のコピー(複製)を作り、その入れ歯で問題点を改善して、より満足していただける理想に近い入れ歯を作製します。また、入れ歯は一度壊れると、修理では再び壊れることもあるので、新しい入れ歯をつくるまでの間にスペアとしてお使いいただけることも可能です。

コピー入れ歯の特徴

・使用中の入れ歯・義歯をそのまま使っていただけます。(削る事、付け足すことをお使いの入れ歯にしないで済みます。)
・何日も使用中の入れ歯を預からないで、コピー入れ歯は作れますので、ほとんど日常生活にご不便を感じることがないと思います。(通常、1時間程お預かりする必要があります。)
・コピー入れ歯を調整しながら新しい入れ歯を作製するので、最終的な入れ歯の出来がわかります。
・現在、お使いの入れ歯とコピー入れ歯を比較することができるので、良し悪しを歯科医師と共有しやすいので、改善点を相談しやすいです。

コピー入れ歯がオススメの方

・現在、使用中の総入れ歯に満足してはいないが、調整をすることでもっと悪くなるのではないかと不安で抵抗がある方。
・総入れ歯に満足しているが、咬めるようになるまでに、大変時間を要した方。
・お口の型採り(印象)が苦手で、なるべく少なくしたい方。
・修理をしても壊れやすく、新しくつくるまでのスペアを欲しいと思っている方。
・総入れ歯に満足しており、新しく作る入れ歯も同じような形態にしてほしいと思っている方。
・訪問診療が必要な方。診療回数、1回の診療時間を短縮できることが訪問歯科診療に対しては大きなメリットになると考えています。また、ある程度の質も担保できます。

コピー入れ歯のデメリット

・現在は総入れ歯しか対応出来ない。
・健康保険が使えないため自費診療となることです。 費用は1万円(消費税別)です。(上あご、下あご共に)
・完全に同じものはつくれません。
・色は一種類しかご用意がありません。

 

保険の義歯と保険外の義歯の違いについて

かける手間暇の違い

より精密な型取りをするために、2~3回型をとります。
(お洋服でいう仮縫いも2回行います)

材料の違い

歯茎に使う材料

・硬くて壊れにくい
・変色しづらい
・においがつきにくい
・細菌がつきにくい

つまり、ずれにくく清潔ということです!

金属床について

・軽い
・薄い
・温度を感じる
・しっかり噛める

つまり、異物感が最小限になる・食べ物がおいしく感じることができます。

作製手順(保険内)

総入れ歯について

1.型をとる(1~2回)

歯を失うと顎の骨が痩せてしまうので型どりが大事な工程になります。
必要に応じて専用のトレーを製作し2回に分けて型をとります。

2.噛み合わせをとる

   

上の歯と下の歯の噛み型は人それぞれです。
ワックスでできた型を使って噛み合わせの型をとります。

3.試してみる

 

ワックスの上で歯を並べたものを、実際に口の中に入れて噛み合わせや見た目を確認します。

4. 完成、調整

 

入れ歯は出来上がってからがスタートです。
自分の口にしっかりとなじむまで時間がかかるので何度か調整を重ねる必要があります。

 

部分入れ歯について

1.歯の形を整える

 

入れ歯の金具を引っ掛ける溝を作ります。

 

2.型を取る(1~2回)

 

口の中の準備ができたら、型をとります。
必要に応じて専用のトレーを作成し2回に分けて型をとります。

 

3.噛み合わせをとる

 

上の歯と下の歯の噛み型は人それぞれです。
主にワックスを使って、噛み合わせの型をとります。

 

4.完成、調整

 

入れ歯は出来上がってからがスタートです。
自分の口にしっかりとなじむまで時間がかかるので、何度か調整を重ねる必要があります。

料金表

総入れ歯 料金表

名称プラスチック製
入れ歯
精密入れ歯金属製入れ歯
快適性☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
耐久性☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
機能性☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
審美性☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
長所○健康保険適用で経済的○ピッタリくっつく
○外れにくい、落ちにくい
○臭いがしにくい
○機能性、快適性を重視する方に
○修理が可能
短所×機能性、耐久性に問題がある×費用がかかる
×ピッタリしなくなったらつくりかえが必要
(裏打ちが出来ない)
×費用がかかる
費用約37,000円250,000円355,000円(コバルトクロム)
450,000円(チタン)
保証3年5年

横にスクロールしてご覧頂けます。

コピー入れ歯 片顎10,000円
咬合面に金属 片顎50,000円
※全て税別となります。

部分入れ歯 料金表

名称プラスチック製
入れ歯
バネ無し入れ歯
(ノンスクラブ)
金属製入れ歯
快適性☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
耐久性☆☆☆☆☆☆☆☆☆
機能性☆☆☆☆☆☆☆☆☆
審美性☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
長所○健康保険適用で経済的○見た目が気になる方◎機能性、快適性を重視する方に
○修理が可能
○ノンクラスプにもできる(別途見積もり)
短所×機能性、耐久性に問題がある×金属性入れ歯との併用が本来は必要
×バネの調整、修理が難しい(できない)
×ダメになったら新しくつくりかえる
(費用が発生する)
×費用がかかる
費用約10,000円~30,000円
(保険割合で変動)
55,000円(片側処理)
85,000円(両側処理)
165,000円(片側処理)
330,000円(両側処理)
保証半年は新製不可1年5年

横にスクロールしてご覧頂けます。

※全て税別となります。