東京都杉並区下井草2-40-13 海野ビル2F

西武新宿線「下井草駅」南口出口前 徒歩1分

03-3399-2100

インプラントとはimplant

歯科におけるインプラントは「(デンタル:歯科)インプラント」と呼ばれます。歯科では、失った歯の根(歯根)の代わりに骨に埋め込むために、人工歯根とも言います。
インプラントは主に金属(チタン)の小さなネジをいいます。チタンは生体親和性にすぐれ、骨と結合する性質を持っています。また、アレルギーが起きにくく、生体内で長期的に安定しているので、歯科および整形外科で使用されています。

当院のインプラント治療の特長

・徹底した滅菌・消毒をしています。
・痛み、不安に対するケアとして、静脈内鎮静法を併用して行うこともできます。
・インプラントには10年、上部構造には3年の保証をしています。
・インプラントは世界3大メーカーの一つノーベルバイオケア社のインプラント、または日本製のKENTEC社製インプラントを使用しています。
・より高度な治療には、インプラント治療専門機関:malo clinic tokyo、恵比寿西シード歯科をご紹介しています。

サンプルイメージ

治療の流れ

1.全身状態の確認

2.模型、かみ合わせ、レントゲン等の基本資料の採取

3.模型上でインプラントの計画(技工士さんと打ち合わせ)

噛み合わせ、見た目等、理想的なインプラント埋入部分に十分な骨があるのか、そして危険な部分(神経、血管等)を避けて治療が安全に行えるのかをCT,コンピューターシュミレーションで確認していきます。

4.医科用CTを撮影して頂きます

CT値(骨の硬さ)も診断するには医科用CTが最適です。お手数をおかけしますが、提携先の病院での撮影をお願いしています。

5.コンピューターでインプラント計画

撮影したCT画像、模型等を使用して、コンピューター・シュミレーションを行い、その結果をもとに最終的なお話し合いの上、インプラント治療を受けるのかどうかを決めます

6. コンピュータガイデッドサージェリーで安全に、正確に、そして快適にインプラントを埋入します

7.上部構造の作製

かぶせ物、義歯を作製していきます。

8.メインテナンス(定期健診)

長く使用して頂くためには、メインテナンスが欠かせません。指定した間隔での来院をお願い致します。

入れ歯の不具合が続く方

入れ歯の不具合が解消されない方にお勧め:インプラントオーバーデンチャー(インプラント義歯)
入れ歯を使用している方の中には、「噛みにくい」「何となく合わない」「話にくい」などの不具合がある方が多いと感じています。そのような、入れ歯の不具合を軽減、解消する治療法にインプラントオーバーデンチャーがあります。

インプラントオーバーデンチャーとは

顎の骨に埋めた1~4本と少ないインプラントに入れ歯を固定する治療法のことで、固定装置を使ってインプラントと入れ歯と連結します。入れ歯が顎の骨にしっかり固定されるために安定して、外れる、かたつく、がほとんどなくなり、美味しく食事をとったり、会話、歌を楽しんだりすることができます。

インプラントオーバーデンチャーの仕組み

インプラントに装着した固定装置を入れ歯に差し込むような構造になっています。それにより、患者さんご自身で取り外しができるため、自宅で気軽に入れ歯やインプラントのお手入れをすることが可能になります。
そのため、自身で取り外しができて、ご自宅でお手入れを簡単にすることができます。歯磨きの際、インプラントの周囲や入れ歯に付着した汚れをきれいに落とすことで清潔さが保たれます。

メリット・デメリット

メリット

・入れ歯では難しい歯ごたえのあるものが食べられて、食事が楽しくなります。
・左右でバランス良く噛めて健康になれます。
・入れ歯のように取り外しをする面倒がなく、発音が安定するので会話が楽しめます。

デメリット

・治療期間が長くなる(3ヶ月~)
・外科的な治療が必要。
保険適応外なので費用が他の治療よりかかる(1歯:30数万円~)

おすすめする方・しない方

おすすめする方

・すれ違い咬合
・噛む力が強すぎて、歯を壊す方
・入れ歯で困りごとの解消できない方
・隣の歯を削らないで欲しい方

おすすめしない方

・将来、歯科矯正治療を考えている方(インプラントは動きません)
・著しく歯並びに問題がある方(歯科矯正後に治療をお勧めいたします)
・強い歯ぎしりをする方でナイトガードをしない方
・定期的なメインテナンスにいらっしゃれない方
・歯を磨かない方
・外科的な診療ができない方
・過度の期待をお持ちの方
主に全身状態に問題のある方
(糖尿病、喫煙、加齢、骨粗鬆症、重度の歯周病)