さくら歯科通信

2016

5/20

神経のない歯のホワイトニング


 

杉並区下井草の顕微鏡歯科・予防歯科・未来型歯科:さくら歯科の吉村です。

今回は神経のない歯のホワイトニングについて、お話し致します。

治療前
図1

治療後
図2

上手くいけば、このようにとてもキレイに治ります。

 神経をとった後に変色してしまった歯について行うホワイトニングは

○インターナルブリーチ
○ウォーキングブリーチ がございます。

 どちらの方法も歯の内側から漂白剤を作用させます。当院では、ウォーキングブリーチを採用しており、3回程度の施術でほとんどの方がキレイになっています。

 歯をあまり削りたくない方、歯の形を変えなくても見た目が気にならない方には、とてもいい方法だと思います。
 また、欠点は、お薬による効果を期待するので、人によって効果に違いがあること(当院でも、お1人だけ効果があまりなかった方がいらっしゃいます。)、周りの歯と完全に調和がとれるとは限らないこと、そして後戻りする可能性があることです。

 見た目に強いこだわりがある方なら、オールセラミックスをかぶせる方法が向いているかもしれません。

 

                              「歯医者さんを知ろう」:クインテッセンス出版株式会社より出典