さくら歯科通信

2016

5/11

歯茎のホワイトニング


 

杉並区下井草の顕微鏡歯科・予防歯科・未来型歯科:さくら歯科の吉村です。

今回は歯茎のホワイトニングについて、お話し致します。

術前
図1

術後
図2

 笑顔が素敵な人は、歯だけでなく歯茎も魅力的です。しかし、人によっては歯茎が黒くなってしまう方もいらっしゃいます。
 歯茎の黒ずみの原因は、メラニンによるもの、金属による着食がありますが、今回は、メラニンによるものに対しての治療方法をお伝えします。

大きく分けて3種類あります。
レーザーによる方法
麻酔をかけて、歯茎を削る方法
薬剤を使用する方法

当院では、薬剤を使用する方法を用いて、良好な結果を得られております。この方法の特長は
・特別な機械がいらないので、安価ですむこと
・歯茎を削らなくても効果が得られること
・痛みもほとんどなく、施術時間も短いこと
が上げられます。

写真:歯医者さんを知ろう!! クインテッセンス出版より改変