歯周病治療 *

歯周病(歯槽膿漏)とは

30歳以上の成人の約80%が罹患していると言われる歯周病。
わたしたちにとっては、最も身近なお口の感染症だということをご存知でしょうか?

歯周病の恐ろしいところは、初期の段階ではほとんど自覚症状なく進行する疾患であるところです。無自覚に進んでいきますので、気づいた時には重症化してしまい、歯を支えている骨が溶けて最終的には歯が抜け落ちてしまうという事態にまで深刻化してしまいます。歯が抜け落ちる原因の約4割が歯周病だというデータがあります。それほど、歯周病を軽視することは、非常に残念なことであることがお分かりいただけるでしょう。

これら、歯周病疾患を重症化しないためには、まずは、歯周病のなりたちをしっかり理解し、早期発見・早期治療はもちろんのこと、ご家庭でのブラッシングや歯科医院でのお手入れで予防を心がけることが重要です。
当院では、歯周病のステージにあわせて適切な治療を行うのはもちろんのこと、歯周病にかからない、悪化させない予防歯科プログラムを推進しています。

歯を失う原因

歯周病のなりたち

歯周病のなりたち
通常、健康な歯肉はピンク色で引き締まり、歯の周囲にプラーク(歯垢:ばい菌の塊)や歯石などの汚れがありません。そして、健康な人の歯周ポケットは2mm以下です。
しかし、歯肉炎の状態になると、歯肉に限局した炎症がみられ、歯磨き時などに出血することがあります。歯の表面にプラークの付着が見られます。この段階では、歯周ポケットは2〜3mmです。この早期の段階で予防処置を継続することで進行を防ぐことができます。
軽度歯周炎になると、炎症が進行し、歯を支えている歯槽骨が破壊され始めます。浅い歯周ポケット(3〜4mm)ができ始めます。
中等度歯周炎は、歯周組織の炎症がさらに進み、歯周ポケットが4〜6mmとだんだん深くなっていきます。歯槽骨の破壊により歯が長くなったように見えたり、歯がぐらつきはじめたり、しみやすくなったりします。
重度歯周炎は、歯槽骨の破壊がひどくなり、歯がぐらぐらしてきます。歯周ポケットは6mm以上と更に深くなり、歯肉から膿や血が出て、口臭も起こってきます。最終的には歯が抜けてしまうこともあります。

歯周病を進行させるプラークの正体

プラーク歯周病とは感染症です。主に、バイオフィルム(歯に付着する菌のかたまり! !)が原因で、進行していきます。
よく、プラークまたはバイオフィルムって何?ときかれることがあります。プラーク(バイオフィルム)は、上記のような白から黄色みがかったネバネバした物質で、普段のハミガキでは決して落とすことができない菌の塊です。その中に、悪さをする細菌がウヨウヨいます。
お口の中は複雑です。大きな金属が入っていたり、歯が重なって生えていたり・・・。普段のブラッシングでは落としきれないバイオフィルムを定期的に落とすこと(プロフェッショナルケア)で、むし歯・歯周病にかかりにくくなります。

当院の特徴

歯科顕微鏡を用いて歯周病の状態を観察します。

歯科顕微鏡

歯石除去

歯科顕微鏡を用いた歯石除去
歯茎の中の歯石も見ながらとる事ができます。

歯周病の状態をより緻密に観察するために、歯科用顕微鏡を用いて観察しています。(自由診療)
肉眼では見落としてしまうような歯周病の状態も早期発見できるだけ、早期治療につながります。