顕微鏡歯科治療

顕微鏡歯科治療とは

顕微鏡口腔内は暗く狭く、歯は小さいので、歯科治療は緻密で困難な治療です。
肉眼ではもちろんのこと、拡大鏡を用いて拡大したとしても、よく見えない部分が多くあるのが現状です。そこで、最先端の歯科治療においては、肉眼の約20倍もの倍率で拡大して光を当て見ることの出来る顕微鏡歯科治療が主流になっています。
当院では、歯科用顕微鏡を用いた、顕微鏡歯科治療を積極的に取り入れ、安全に安心で確実な治療をご提供しています。(自由診療)

むし歯の早期発見・早期治療

肉眼で黒く見えるむし歯は、すでに進行しているむし歯です。
顕微鏡歯科治療では、肉眼では認められないほどの、極めて初期のむし歯を見つけることが可能です。
むし歯の進行は、重度に進めば進むほど治療が複雑になります。初期の軽いむし歯では、さほど削る必要もありませんが、むし歯が深くまで進行すると、削る量も大きくなり、神経をとるほどの治療まで進んでしまうと歯の寿命も短くなってしまいます。

むし歯治療はできるだけ初期の段階から適切な治療をすることにより、それ以上の進行を防ぐ事が可能です。よって、できるだけ早期に発見することがむし歯治療の鉄則です。

そこで、歯科用顕微鏡を使用して、ごく初期の段階でむし歯を発見することにより、その後の治療が楽になり、健康な歯をできるだけ長く保つことができるようになります。
 
顕微鏡拡大
歯科用顕微鏡で千円札も拡大してみると、点と線の集まりという事が良くわかります。
顕微鏡拡大
肉眼では、到達することの出来ないレベルでの治療を歯科用顕微鏡は実現させてくれます。

顕微鏡歯科治療の選択

顕微鏡歯科治療は、現在、自由診療となっており、健康保険の適応にはなりません。
そのため、治療前に、顕微鏡歯科治療を望まれるか否かをお聞きします。顕微鏡歯科治療を望まれる場合の料金やメリットをご説明した上で、患者さまに選んでいただきます。
ご不明な点はお気軽にご相談いただければ、丁寧にお答えしますので、ご質問ください。
顕微鏡歯科治療

根の治療のトラブルについて

さくら歯科では「もう一度、歯を残すこと」に、こだわっています。
根の治療のトラブルには“穿孔”、“偶発症”それに“歯根破折”が あります。

穿孔
むし歯をきれいに取り除くと、結果として歯に穴があくこと
偶発症
根の治療の最中に、治療器具(ファイル、リーマー)が折れこんで、根に器具が残ること
歯根破折
歯の根にヒビが入ったり根が折れたりすることで、歯周病、むし歯に次いで歯を抜く原因の第3 位(全体の約11%)です。(財団法人8020推進財団:2006年)

上記のように、 “穿孔”、“偶発症” や “ 歯根破折”を起こすと、

根の治療1.歯茎が腫れる
2.歯茎にオデキのようなモノができる
3.噛むと痛みがある
4.違和感がある
5.かぶせものが外れる
6.無症状
7.根の病気が改善しない
8.激痛

というような症状が発生するのですが、実はこれらは診断が難しく、手遅れになることもあります。
当院では、これらを見逃さないように、歯、被せ物、詰め物などを削って歯冠部分を除去してマイクロスコープを用いて確認しています。(状況によっては、歯茎を切り開いて確認すること(確定外科処置)が必要になることもあります。 )

穿孔:パーフォレーションリペア
穴をレジン、MTAセメントでふさぎます。
16,200円
偶発症:破折ファイル除去
折れ込んだファイルを取り出します。
27,000円

歯根破折

治療は基本的には抜歯です。歯に入ったヒビは細菌にとっては都合のいい隠れ家ですし、ヒビはどんどん広がってしまうからです。
但し、当院では垂直破折に対して新たな取り組みをしています。出来るだけ歯の保存をしたいと強く希望なさる方にはお勧めです。保険がきかない治療ですし、治療したからといって完全にすべての歯が残るわけでもございません。

口腔内接着法64,800円
口腔内接着法の再治療 再植法43,200円
フラップ手術32,400円
口腔外接着法 再植法108,000円