インプラント治療の流れと症例

インプラント治療の流れ

① 精査・カウンセリング

インプラントを埋入する部分の顎の骨の状態やまわりの歯の状態を精査します。
(レントゲン撮影・CT撮影・口腔内診察など)
抜け落ちた部分のみならず、口腔内全体をトータルで考え、噛み合わせの状態などを考慮して手術のプランニングを設定します。
患者さまには、手術の内容、期間、費用などを丁寧にご説明いたします。
同意をいただいた上で手術に進みます。

② 模型上でのインプラント計画

模型上でのインプラント計画噛み合わせや見た目などを精査・診断いたします。

模型を元に、噛み合わせを確認します。それらを元に、歯科技工士さんと打ち合わせしながら、まずはワックスで理想的な噛み合わせ模型を作製します。そして、CT撮影用ステントを作製し、CTを撮影する際に使用します。

③ 医科用CTを撮影

インプラント埋入予定部分に十分な骨があるのか、さらに危険な部分(神経・血管など)を避けて、安全に治療が行えるかを精査していきます。

医科用CTにてCT値(骨の硬さ)を計測します。提携先での病院にて撮影をお願いしています。

④ コンピュータシミュレーション

コンピュータシミュレーション撮影したCT画像や模型などを使用して、コンピュータ・シミュレーションを行い、その結果を元に最終的なお話し合いを行います。
説明後、インプラント治療を受けるかどうかを決定していただきます。

⑤ ガイド サージェリーで安全にインプラントを埋入

ガイド サージェリーで安全にインプラントを埋入当院が採用しているLandmark systemは、CT画像からコンピュータ上で適切なインプラント埋入位置をシミュレーションでき、さらに、その結果を反映したガイドとドリルによって、より安全で精度の高い手術をサポートしてくれます。

⑥ 上部構造の作製

埋め込んだインプラントがご自身の骨としっかりなじむまで、ゆっくり時間をかけて待ちます。この期間は、個人差はありますが、約3〜6ヶ月程度です。その間は、定期的に通院いただきます。

その間、歯科技工士さんの協力の元、精密な被せ物、義歯を作製していきます。

⑦ 2次治療

2次治療顎の骨に定着したインプラントの上に、被せ物をします。被せ物には、セラミックで作られた歯もあり、ご自身の天然歯とほぼ見分けのつかない仕上がりになります。また、歯を被せた後は、噛み合わせがきちんと合っているかを確認し、調整していきます。(義歯が入る場合もございます。)

⑧ メインテナンス

インプラント埋入後は定期的にメインテナンスに通っていただきます。インプラントを長持ちさせるためには絶対に必要です。埋入後のインプラントのトラブルは、保証期間に応じて対処していきます。ただし、指定されたメインテナンスに通っていただけない場合は保証対象外となりますのでご注意ください。
それほど、手術後のメインテナンスは重要です。

インプラント治療例

治療例
「物が嚙めない」という主訴で来院なさりました。「食べることが好きなので、しっかり嚙みたい」ということがご希望で、なおかつ固定式での治療をご希望になられたため、インプラントでの処置となりました。「昔のように何でも食べられるようになった」とのことで、噛み心地にも、見た目にも満足してくださっています。

治療例
歯が折れてしまい、審美的な治療をご希望なさいました。
「まだ若いので、取り外しの入れ歯は考えられない」とのことで、インプラント治療をご希望なさいました。通常のインプラント埋入に加え、骨・歯茎の移植を行いました。見た目、嚙み心地に大変満足して頂いております。