インプラント治療 *

インプラント治療とは

インプラント治療とは
歯科医療の最大の目的は、年老いても歯を失うこと無く、ご自身の歯できちんと物を噛み、食事できるような口腔環境を維持させることです。
しかし、むし歯や歯周病の進行により、やむなく歯を失ってしまった方には、より自然で天然歯の噛み心地と審美性を取り戻すための治療、インプラント治療を行なっています。

インプラント治療とは、抜け落ちてしまった歯の顎の骨に、チタン製の人工歯根を植え、その上に歯を被せる治療です。インプラントを顎の骨に埋め込むため、外科的治療(手術)が必要になります。しかし、日帰りで済む手術ですので、多くの方々に選ばれている最新の治療法です。

もちろん、人工歯根に使用されるチタンは、生体親和性にすぐれ、アレルギーなども起こしにくい素材であり、臨床成績も良好な信頼できる素材を用いて手術を行います。

『歯が無い=インプラント』ではありません

患者様に合う治療法を
なんらかの原因で歯が抜け落ちてしまった場合、それらを補う治療法として、ブリッジ・部分入れ歯・総入れ歯・インプラント治療などがあげられます。

当院では、これらの選択肢の中から、より自然な天然歯の噛み心地を取り戻したい方は、インプラント治療をおすすめしています。

しかし、気をつけなければならないのは、全員が無条件にインプラント治療が出来るわけではないということです。
口腔環境はおひとりお一人異なります。それらをよく吟味し、患者様に合う治療法を選択する必要があるのです。

下記は、インプラント治療を選択するにあたり、吟味しなければならないチェックポイントです。これらをよく吟味し、患者様にご提案しています。

インプラント治療には、多くの診査・診断が必要です。
一部分を診るだけでなく、お口の中全体やお身体や、患者様をとりまく環境や、ライフステージまでも、幅広い視野で患者様全体を考慮し決定いたします。

インプラント治療の診断ポイント

  • 患者様のご希望(理想とするお口の状態、治療期間、費用など)
  • 患者様の生活環境
  • 本当に歯を残せないのか
  • 歯を失った理由
  • 噛み合わせ・周りの歯の状態
  • お口の中および全身状態
  • インプラント治療した場合の耐久性予測

インプラント治療をおすすめできないケース

特に、下記の条件に当てはまる方には、インプラント治療をおすすめできない場合がございます。ご注意ください。
特に、下記の条件に当てはまる方には、インプラント治療をおすすめできない場合がございます。ご注意ください。

  • 喫煙者
  • 歯周病がコントロールできない方
  • 全身疾患に問題がある場合
  • メンテナンスに通えない方
  • 著しく噛み合わせが悪い方
  • 矯正治療を検討している方
  • 過剰な期待をなさる方

インプラント治療の流れ

① 精査・カウンセリング

インプラントを埋入する部分の顎の骨の状態やまわりの歯の状態を精査します。
(レントゲン撮影・CT撮影・口腔内診察など)
抜け落ちた部分のみならず、口腔内全体をトータルで考え、噛み合わせの状態などを考慮して手術のプランニングを設定します。
患者さまには、手術の内容、期間、費用などを丁寧にご説明いたします。
同意をいただいた上で手術に進みます。

② インプラント埋入手術

インプラント埋入手術歯が抜け落ちた部分の顎の骨に、チタン製のインプラントを埋入する手術を行います。手術時間は小一時間程度です。局所麻酔で行いますので手術の痛みは、ほとんど感じません。それでも心配な方には静脈内鎮静法(点滴でお薬を投与して、意識をぼーっとした状態にすること)を行います。
無事、埋入手術が終わったらお帰りいただけます。当日は特にご注意いただくことはございませんが、お車でのご来院はひかえていただいております。

③ 待機

待機埋め込んだインプラントがご自身の骨としっかりなじむまで、ゆっくり時間をかけて待ちます。この期間は、個人差はありますが、約3〜6ヶ月程度です。その間は、定期的に通院いただきます。

④ 2次治療

2次治療顎の骨に定着したインプラントの上に、被せ物をします。被せ物には、セラミックで作られた歯もあり、ご自身の天然歯とほぼ見分けのつかない仕上がりになります。また、歯を被せた後は、噛み合わせがきちんと合っているかを確認し、調整していきます。(義歯が入る場合もございます。)

⑤ メインテナンス(健診)

インプラント埋入後は定期的にメインテナンスに通っていただきます。インプラントを長持ちさせるためには絶対に必要です。埋入後のインプラントのトラブルは、保証期間に応じて対処していきます。ただし、指定されたメインテナンスに通っていただけない場合は保証対象外となりますのでご注意ください。
それほど、手術後のメインテナンスは重要です。

インプラント治療例

治療例
「物が嚙めない」という主訴で来院なさりました。「食べることが好きなので、しっかり嚙みたい」ということがご希望で、なおかつ固定式での治療をご希望になられたため、インプラントでの処置となりました。「昔のように何でも食べられるようになった」とのことで、噛み心地にも、見た目にも満足してくださっています。

治療例
歯が折れてしまい、審美的な治療をご希望なさいました。
「まだ若いので、取り外しの入れ歯は考えられない」とのことで、インプラント治療をご希望なさいました。通常のインプラント埋入に加え、骨・歯茎の移植を行いました。見た目、嚙み心地に大変満足して頂いております。

当院の特徴

歯科顕微鏡を用いてより精密なインプラント治療

歯科顕微鏡歯科用顕微鏡を用いてインプラント治療を行う最大のメリットは、インプラント埋入後の被せ物を被せる時に、肉眼での治療よりも、より精密に装着することができるという所です。
より緻密さを求められる方には、歯科用顕微鏡を用いた治療を行います。(自由診療)