診療方針

ごあいさつ

医療方針(クリニックコンセプト)
「歯科医療を通じて、あなたの豊かで充実した生活をサポートする。」

 
よりよい人生を送る一つの要素に、食物を美味しく味わい、楽しく語らい、思い切り笑うことのできるという事があります。
そして、これらの行動には、すべてお口の機能がかかわり、その質を左右する大きな役割を果たします。

年を老いても自分の歯で物を噛み、食事を楽しむためには20本の歯を残す必要があります。老人になれば必ずしも入れ歯になってしまうということはありません。子供の頃から定期検診に通院し、正しい生活習慣を身につけることで、ご自身の歯を80歳になるまで20本残すことは十分可能です。

残念ながら、歯を失ってしまった方でも、入れ歯や欠損歯が気になって大きなお口をあけて喋れない、笑えないというお悩みなどなく、より楽しく幸せな人生を送るためのお手伝いをするのが、当院の役割と考え、日々歯科診療を行なっています。

お口の主な機能

診療のこだわり

分かりやすい説明

分かりやすい説明
小型CCDカメラ納得して治療を受けて頂くために、また治療に積極的に参加して頂くために、患者さんと一緒に十分話し合う事を大切にしています。
そのために、説明に必要なパンフレットを多数用意し、必要に応じて動画での説明なども徹底的に行うようにしています。また、治療前に立てた治療計画書を治療前にご提示することはもちろんのこと、保険外診療の場合は、治療にかかる御見積書も一緒にご提示しています。

術前・術中・術後には、小型CCDカメラで口腔内を撮影し記録に残しています。患者さんには、これらの撮影写真を見ていただき、どのように変化したかを説明しています。

デジタルレントゲン

デジタルレントゲンデジタルレントゲンでは従来の1/8~1/10最小限の放射線被曝量で更に 安心して撮影できます。

治療と予防

治療だけではなく、メインテナンス(定期検診)、予防にも力を入れています。あなたの健康をトータルで支えていきます。
(予防歯科についてはこちら

痛みに対する配慮

麻酔をする際に、表面麻酔をします。体温と同じ温度に温めた麻酔液、最小径の針、その上、電動注射器を使うことによって、麻酔時の痛みを和らげます。

カートリッジウォーマー
カートリッジウォーマー:体温に近い温度に麻酔薬を温めて、痛みを和らげます。
表面麻酔薬
表面麻酔薬:麻酔針刺入時の痛みを和らげます。
電動麻酔注入器
電動麻酔注入器:機械でコントロールして痛みを感じにくいスピードで麻酔液を入れていきます。
特殊な麻酔注入器
特殊な麻酔注入器:針先を子供に見せないでゆっくりと麻酔液を入れていきます。

最小限の治療

できるだけ歯は抜かないで、削るのも最小限になるように診療します。

安全で清潔な治療

徹底した消毒、滅菌システムで患者さんとスタッフの健康を守ります。
ディスポーザブル(使い捨て)用品を患者さんごとに使用しております。(写真は一例です。)
ディスポーザブル
患者さん毎に滅菌しております。(写真は一例)
滅菌
消毒・滅菌システムの一例
消毒・滅菌システム

保険外診療(自費診療)

一定の保証期間(最長で10年間)を設けて、安心して診療が受けられるように致します。また、カードでのお支払い、分割でのお支払いもご相談ください。
自由診療料金表はこちら